Facebookで友達リストを非表示・非公開に設定する方法

スポンサーリンク

Facebookでは、最初の設定では、ユーザーの友達リストは公開されています。つまり、自分が誰と友達関係にあるのかを他の誰もが知ることができます。

これは、自分が誰と友達なのかを、潜在的な友達候補から見られるようにすることで、交流の輪が広がりやすいというメリットがあります。しかし、誰にでも見られてしまうというのは、プライバシー保護の観点からいっても考えものです。

Facebookでは、友達リストの公開範囲を設定して、特定の人または全員に非表示・非公開にすることができます。以下、手順です。

1.まず、Facebookトップページなどから自分の名前をクリックして、自分のプロフィール(タイムライン)ページに行きましょう。

2.プロフィール写真下の段にある「友達」の欄をクリックすると、友達一覧ページが表示されます。

3.友達一覧ページで、右上にある「編集」ボタン、または鉛筆マークのボタンから「プライバシー設定を編集」を選択します。

4.すると、自分の友達リストを見れる人の範囲、つまり友達リストの公開範囲を設定することができます。プライバシーを特に気にする人は「自分のみ」に設定してしまうのがいいでしょう。さらに、「カスタム」では特定の人だけに非表示にする設定が可能です。

今回の、Facebook友達リスト非表示・非公開設定方法は、言われないと存在自体をなかなか気づくことができないセッティングだと思います。もしもまだ知らないという友達がいたらぜひ教えてあげてください。

スポンサーリンク