Facebookでチャットをオフライン表示にして特定の友達から隠れる方法

スポンサーリンク

Facebookで友達関係になったからには誰とでもチャットしなければならない?そんなことはありません。Facebookではチャットサービスを使用するにあたって、友達に対するオンライン/オフラインの表示をコントロールする機能が用意されています。上司にバレないように同僚とチャットしたり、口うるさい家族から隠れたり、さらには特別な誰かひとりに対してだけオンラインになることも可能です。

最も効率的に複数の友達とのチャットを回避する方法といえば、チャットしたくない人のリストをつくってしまうやり方です。iPhoneやAndroidなどのスマートフォンアプリでは今のところリストの作成ができないようですので注意してください(既に作成済みのリストに加えることはできます)。以下、PCでの操作になります。

1.まずは、チャットをしたくない友達の一人のプロフィールページに移動します。

2.「友達」→「新しいリスト」

3.リスト名を入力して、リスト作成完了です。

4.画面左下のチャット欄の設定ボタン(歯車マーク)をクリック。

5.「詳細設定」を選択。ちなみに、チャットの通知サウンドが鳴らないようにしたり、チャット自体をオフにするのもこちらで行えます。

6.「以下を除く全員に対してチャットをオンにする」にチェックを入れて、ボックス欄に先程つくったリスト名を入力します。リストだけでなく友達ひとりひとりを設定することもできます。最後に「保存する」をクリックして完了です。これで、今後は指定したリストに含まれている友達に対してはオフライン表示になります。

逆に、「一部の友達に対してチャットをオンにする」こともできます。チャットしたい人が含まれたリスト名または個人名を入力しましょう。ちなみに、「チャットをオフにする」を選択すると、チャット全体がオフになります。誰ともチャットをしたくないときに役に立ちます。

チャットをしたくない友達とのチャット画面を開いたうえで個別にオフに設定することもできます。チャット画面表示中にオプションボタンをクリックして「〇〇さんとのチャットをオフ」を選択しましょう。

以上、Facebookチャットで友達に対してそれぞれオンライン/オフライン状況をコントロールする方法を解説しました。設定・解除ともに簡単ですので気軽に試してみてください。

スポンサーリンク